こんにちは、東京で中華を食べる人です。埼玉・蕨の芝園団地にある「香港燒臘」(燒臘=叉焼やダックなどをローストした料理)の2号店が王子にオープンしたと聞いたので行ってきました。香港スタイルの叉焼飯、美味しかったです。

香港燒臘

場所は王子駅親水公園口から徒歩2分。今のところ、王子にガチ中華はほとんどないけど、池袋まではJRかバスで15分くらいで行けるし上野・西川口は京浜東北線ですぐと、ガチ中華街までのアクセスがいいので、かなりポテンシャルがあると思っている。

お店の外観。居酒屋などが多くある通りに突如現れる香港燒臘の文字。オープン当日なので花がいっぱいだ。元々、中華料理屋が入っていたようで、二階席もあった。

一階席は20席ほどでわりと小さめ。ほとんど改装していないのか、新しいお店なのにその辺の中華料理屋に入ったような落ち着きがある。日本人でも入りやすそうだ。

メニュー。

看板メニューのローストダックやローストポーク、叉焼。

王子だからなのか担々麺や麻婆豆腐などの日本人ぽいメニューもあった。

オープンから3日間はドリンク1杯無料ということでビールを注文〜!あとは同じく半額になっていたローストダックの1/4匹も。

さらにメニューにはなかったけどローストポークと叉焼の雙拼飯(二種のせご飯)が1,000円だというので頼んでしまった。食べきれるか少し不安になる。

まずはビールで乾杯〜仕事後の生ビールほど美味いものはないぜ。

そしてローストダックを食らう。秘伝のタレに24時間漬け込んで焼いたダックのなんたる美味さ!ビールが進む。1/4匹だったけど1人で食べるにはけっこう量が多かった。

そして25分くらい待ってからようやく来た雙拼飯!付け合わせが高菜なのが初めてだ、、そしてご飯とローストポーク、叉焼を一緒の皿に乗せてくれ!これじゃ雰囲気が出ないじゃないか!と突っ込みたくなったがオープン1日目なのできっと色々試行錯誤してるところなんだと思うことにした。

ローストポークは外のカリカリしてる皮が好きなのがだが、カリッカリでよかった。叉焼は少しぱさついていた。でも1,000円でこの量はかなり嬉しい。結局食べきれるわけもなくお持ち帰りした。翌日も家で食べれるぜ!

オープン1日目でお店も途中から満席になるくらい混んでいたので、厨房も少しバタついていたようにみえた。オペレーション改善に期待。

というわけで王子で香港燒臘が食べたくなった時はまた来たいと思います。そういえば蕨の方は行きたいなぁと思いつつまだ行ったことがないので、そろそろ行ってみたい。都内でも香港スタイルのローストダックを食べられるお店が増えてきたなぁ〜

神保町に新オープン!粤港美食でローストダックを食らう!

お店情報

場所はこちら〜

それでは再見~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。