浅草橋・家豆花で豆花を食らう!

douhua

こんにちは、東京で中華食べる人です。台湾の友人と4年ぶりに会い、浅草橋で豆花を食べてきました。レトロな雰囲気ある店内と手作り豆花の優しい味わいが最高でした〜。

■家豆花

場所は浅草橋駅から江戸通りを蔵前駅の方に歩いて5分くらい。下町に突如現れる家豆花の看板。台湾のおしゃれな雑貨屋さんみたいな雰囲気が台湾好きにはたまらない。

12時に友人とお店の前で約束。4年前に台湾で会ったとき以来の再会。日本で働いている外国人の友人は、“日本にいるからいつでも会えるでしょ〜”と思っているうちに3~4年経ってしまうことがよくあるんだよねえ。みんな日本にいるうちに会っておかねば・・・。

店内はこじんまりとしていて、席も10席程度と小さめ。電鍋や調味料、台湾雑貨が台湾にいる感覚にさせてくれる。12時15分くらいには満席になってしまって、外で待つ人がいるほど。開店時間に合わせてきてよかった。

メニュー。豆花に加えて、愛玉(オーギョーチ)や滷肉飯(ルーロウファン)、雞肉飯(チーロウファン)、蔥油餅もある。

せっかくなので滷肉飯か雞肉飯は食べてみたいところだったんだけど、前日の夜に滷肉飯を作るべく豚バラをせっせと煮込んでいて、朝ごはんに食べてきたところだったので、豆花と蔥油餅を注文!豆花のトッピングはタピオカと小豆に。

キター!!豆花の優しい味わいが口に広がる・・・。舌触りがなめらかでシロップ、小豆、タピオカとの相性も抜群。

アップ版。

少し前にショッピングモールに入っているチェーン店の豆花を食べたときに“あれ、こんな硬いっけ…?”と思っていたけど、違和感は正しかったようだ!!まじで美味しい。

蔥油餅。軽食にもってこいのやつ。オレンジ色のチリソースをつけて食べる。美味いです。朝ごはんで毎日食べたい。

他にも台湾茶や鶏出汁お粥、芋圓のトッピングもあったのでまた行きたいですね。

■お店情報

場所はこちら。

このサイトで見つけました。
【本格的!台湾南部のスイーツ&グルメ 浅草橋「台湾茶房 家豆花」】



本格的!台湾南部のスイーツ&グルメ 浅草橋「台湾茶房 家豆花」

浅草橋駅の東口を出て、シモジマや人形の久月などが立ち並ぶ江戸通り沿いに、本格的な台湾スイーツを出すお店がオープンしました。
asakusa-bashi.tokyo

食べログ。



家豆花 (浅草橋/カフェ)

★★★☆☆3.46 ■予算(夜):~¥999
tabelog.com

今まで食べたお店のMapはこちら。

それでは再見〜

2020年12月訪問