こんにちは、東京で中華を食べる人です。小岩で中華朝ごはんを食べてきました。友人と片っ端から色んなメニューを食べまくって素敵なモーニングでした。

蘭亭 鹵菜館

GWに友人と千葉にあるタイのお寺に行こうという話になり、千葉方面に向かう途中で、腹ごしらえに小岩で朝ごはんを食べることに。

成田にあるワットパクナム 日本別院

お店の場所は小岩駅北口から徒歩数分。

小岩には中華以外にもタイ料理やイラン料理など多国籍なお店がたくさんあり、開拓したい気はあるのだがいかんせん住んでいる場所から少し離れていて行きにくいのでなかなか来る機会がないのだ。

小岩の異国飯事情についてはアジアITライター山谷さんの「移民時代の異国飯」で詳しく書かれているので、中華だけじゃないガチな外国メシに興味があったらぜひ読んでみてほしい。

お店。なんとも入りにくい外観だが、それがまたよいのだ!

テーブル席が5〜6個あるだけの小さめの店内。暗めで気だるい雰囲気なのも現地感が味わえてハオい。

こちらが朝食メニュー。

中華朝ごはん定番の油條(中華風揚げパン)、豆漿(豆乳)、豆腐脳(しょっぱい味付けの豆花)、焼売など魅力的なメニューが並ぶ!

朝から夜まで営業しているようだが、朝ごはんの他は鴨や牛肉を醤油や香辛料で煮つけた滷味があった。

今回は4人もいたので、片っ端から食べたいメニューを頼んでいく!

茶葉蛋(味付け煮卵)!

油條と豆漿!

飯糰(中華風おにぎり)!飯糰があるお店は珍しいので嬉しい!中には高菜や肉鬆が入っていた。

豆腐腦!ちょっとしょっぱめの味付け。

鹹豆漿!油條をつけて食べる定番メニュー!酢が効いてた。

沙縣拌麵(福建式ピーナッツ和え麺)現地の沙縣小吃で食べてるかのようなクオリティ。(意識低めの何とも言えない微妙な感じw)

蔥油拌麵!これもかなりローカル感がある。

焼売。椎茸と餅米入り。もちもちしてて美味しい。

最後は卵のせ蔥油餅!現地の屋台で食べる味だ。。

というわけで全9品も頼んでしまった!めちゃくちゃ美味い!というよりかは中国のローカル食堂で数百円で食べられる味。それはそれでかなり懐かしくてよかった。総武線沿線に住んでる中国人が朝ごはんを食べに来ているんだろうな〜。

というわけで現地の風を感じたい方はぜひ行ってみてください〜!

お店情報

場所はこちら〜

それでは再見~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。