こんにちは、東京で中華食べる人です。高田馬場に新しく手づくり餃子のお店ができたと聞いたので行ってきました。駅から少し遠いので行きにくいですが、朝7時からやっているので中華朝ごはんも食べれるのがなかなか良さげです。

春ちゃん手づくり餃子

場所は高田馬場から徒歩12〜13分くらい。大久保駅、下落合駅、落合駅のちょうど真ん中らへん。百人町4丁目アパートの近くにある。

お店の外観。看板に描かれているなぞの女の子が春ちゃんなのだろうか。

店内はテーブル席が4つほどの小さめのお店。ラーメン屋と同じで券売機でチケットを購入するスタイル。

薄緑色のところは水餃子、薄紫はワンタン、薄黄色は肉まん、薄オレンジは点心系といった感じ。

迷った挙句、ネギと豚肉のワンタンを店内で、漬け白菜と豚肉マン、麻婆豆腐マンをテイクアウトすることに。

待つこと5〜6分でワンタンが到着!具がたっぷり入ったワンタンがごろごろ入っていて食べ応えある。老闆が東北出身だからか皮は厚めだ。できれば朝ご飯で来たかったな〜と思いながらムシャムシャ食べた。

食べているときに老闆となんで駅から離れたところにオープンしたのかと聞いてみると、最近の高田馬場駅前は中華料理店が多いし、家賃も高いからとのこと。ぱっと見、人通りが少なそうな通り沿いに出店していたけど大丈夫なんだろうか。老闆は元々、早稲田にあった喜包肉まん工房というお店で働いていたそうだが、閉店してしまったので自分でお店をやることにしたんだとか。(以前ブログでも書いていたが、グーグルマップで検索しても出てこなくなっていた。)

肉まんは翌日と翌々日の朝ごはんに。

漬け白菜と豚肉マンは翌日、中国茶と一緒に。

麻婆豆腐マンは翌々日、豆漿と一緒に食べた。麻婆豆腐マンは朝から気合いを入れて蒸籠で蒸した。思っていたよりピリ辛で美味かった。2日連続で朝から肉まん、なんて幸せなんだ。

駅からちょっと離れているのが残念だが中華朝ごはんを食べれるお店は貴重なので今度は朝食べに行きたいです。日曜日の朝ご飯をここで食べ、歩いて落合の最近リノベした銭湯、松本湯に行く最高のコースが見えました。

お店情報

場所はこちら。

それでは再見~