こんにちは、東京で中華食べる人です。以前香港人の友人と早稲田で香港料理を食べた後に、高田馬場の中華スイーツのお店にハシゴした時のやつです。サクッと芋圓豆花を食べてきました。

九份芋圓

場所は高田馬場から早稲田通りを落合方面に歩いて5分くらい。以前はベトナム料理のバインミーを出すお店が多かったが、ここ12年で中華料理や中華物産店が一気に増えた。

大学入りたての新歓コンパをよくやっていた居酒屋ビルが火鍋のお店になっていた時の衝撃はなかなかだった。

賢合庄(中国の火鍋チェーン店)

この九份芋圓も1〜2年前の流れにのって201912月にオープンした比較的新しいお店だ。店名から台湾系かと思いきや、別ブランドで偽HeyTea(喜茶)のHEFKCHA(宣喜茶)を運営していた中国系である。ちなみにHEFKCHAの方はクレームが入ったのか、タピオカブーム終焉のせいか、池袋店、早稲田店、共にクローズしている。

店内は15席ほどで割と小さめ。メニューはこちら。

芋圓メインが1行目、仙草ゼリーメインが2行目、豆花メインが3行目だ。アイスのMサイズはどれも500円、Lサイズは800円、ホットMサイズは580円、Lサイズは880円。具材による価格差がない明朗会計だ。

トッピングできる具材の種類が多すぎて、迷ってしまうが、そんな時は基本に忠実に、ということで、豆花+芋圓の豆花一号にした。

5分くらいで到着。最近食べていなかった豆花。久しぶりに食べるとやはり美味しい。底がかき氷みたくシャーベット状なっていて、夏場のクールダウンにもってこいだ。さっきまで、香港料理屋でたらふく食べていたのに、するりと胃袋に収まってしまった。恐るべし別腹。

お店の外観

最近はさらに台湾感を出そうと雞排(台湾フライドチキン)や鹽酥雞(台湾唐揚げ)、パイナップルケーキ、地瓜球(台湾式サツマイモだんご揚げ)なども始めているようだ。

201912月のオープン当初に来た時は、まだまだHEFKCHAを激推ししていたのに。

2年前に食べた仙草芋圓

そしていつのまにか2号店が辻堂にもできていて、加盟店も募集しているらしい。タピオカは終わったけど台湾スイーツはまだまだいけるんですかね。

高田馬場で友人と中華を食べて、まだもう少し話し足りないときに2次会的な使い方ができるお店です。

お店情報

場所はこちら。

台湾九份芋圓(たいわんきゅうふんいもえん) 高田馬場店
090-6149-1888
https://goo.gl/maps/zC9cFrVpSr6azr3i8

それでは再見~