こんにちは、東京で中華を食べる人です。池袋にまた新たに火鍋や酸菜魚が食べられるお店がオープンしたと聞き行ってきました。魚1匹を丸々使った酸菜魚、美味しかったです。

唇辣道魚火鍋

場所は池袋北口から徒歩数分。先日も紹介した食彩雲南麻婆唐府が入っている中華ビルの地下一階だ。唇辣道(チュンラーダオ)は上野にも店があり、こちらはその2号店。

エレベーターで地下に降ると、中国のショッピングモールとかに入っていそうな煌びやかな店内が目に入る。

在日本最中国(日本で1番中国)と書かれた装飾も。

メニュー。タブレットで頼む方式。普通の麻辣火鍋と、この店のウリな魚火鍋のページがあった。

酸菜魚は酸菜という青菜の漬物と白身魚(ソウギョなど)を花椒などと一緒に煮た四川料理。香辣魚鍋は四川料理でよくある水煮魚を火鍋テイストにアレンジした料理だろうか。

火鍋店では珍しい串焼き系のメニューも豊富だった。

はい、まずは青島ビールで乾杯。昼から青島の素晴らしさといったら。

そして運ばれてきた本日のメインディッシュ、酸菜魚!黄色いスープに入った白身魚が映える。油揚げが入っているのは少し日本向けにアレンジされているのかしら。

まずはスープを飲んでくださいと店員さんに言われお椀に注いでもらう。花椒が結構効いていて酸味のあとからしびれ迫ってくる。魚も1匹丸々使っているのでかなりボリューミー。ほくほくの魚と酸っぱいスープの相性は抜群だ。これだけでかなりお腹いっぱいになった。

一緒に頼んだ羊肉串と焼き豆腐。豆腐はもっちりした食感で美味しかった。青島ビールと合う濃いめの味付け。酸菜魚のスープが結構辛くて麻痺したのか、こちらは見た目ほど辛くはなかった。

最後にデザートで頼んだ冰沙湯圓。黒蜜味の氷の下に白玉が入っている。早く食べないと白玉が固くなってしまうので気をつけよう。酸菜魚のスープで麻痺していた舌に甘さが戻ってきた。

15時過ぎの写真。店内は開店したてできれいなのに店の隅では店員が横になって休憩中で中国みを感じた。在日本最中国とはこういう意味だったのかもしれない。

今度は香辣魚鍋を食べてみたいなぁ。

お店情報

場所はこちら〜

それでは再見~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です