こんにちは、東京で中華食べる人です。先日、松戸にオープンしたガチ中華フードコートレポ後編です。夜は羊肉串やマーラーワンタンや四川風スペアリブと米粉蒸しを食らい、大満足で松戸のカプセルホテルで爆睡しました。前編の夜ご飯レポは下記からどうそ。

松戸に新オープン!友誼食府の中華フードコートに行ってきた!

友誼食府 松戸店

そして、よく朝朝。朝風呂+サウナですっきりしてから9時半に再び友誼食府へ。夜のときほどは怪しさがない。もともとはガストだったらしいが面影はほとんどない。

とりあえずまずは中華朝ごはんの定番of定番の豆乳(豆漿)と中華揚げパン(油條)を注文。「油條は作りたてだよ〜、豆漿はもう少しでできるから待っててね〜」と店員さん。このマシンで大豆から豆漿を作っているらしい。作りたて豆漿に期待が高まる。

豆漿ができるまでの間は三宝粥店の煎餅果子(中華クレープ)を頼んで待つことに。目の前で生地を焼くところからみれるのでテンションがあがる。

生地を伸ばして、、

たまごを落として 、、

タレを塗って、、

野菜とハムを入れて、、

完成!中国留学中に屋台でよく見た光景が、松戸で再現されていて感動する。

煎餅果子の完成とともに、豆漿もできたのでお姉さんがマシンから注いてくれる。

朝ごはんを並べてパシャリ。もう食べる前からだいぶ幸せな気分に。豆漿は濃厚な味わい、油條はサクサク、煎餅果子も辣油がピリリと効いていてむしゃむしゃ食べれてしまった。

そんなわけで新設フードコートで中華ばっかりを食べる素敵な松戸遠征1泊2日なのでした。池袋の友誼食府とお店が被っていて、なおかつ規模も小さめなので池袋のほうが行きやすい僕にとってはなかなか行く機会がなさそうな気がしますが、また近くに寄った際には食べにいこうと思います。世の中興奮することたくさんあるけど、一番興奮するのは新しくガチ中華フードコートができたときですよね!

お店情報

営業時間は9:00~23:00みたいです。(緊急事態宣言中は要確認)

それでは再見〜