水道橋に新オープン!上海味道で上海式炊き込みご飯を食らう

上海料理

こんにちは、東京で中華食べる人です。11月に水道橋に新しくオープンした上海味道に行ってきました。釜飯版菜飯(上海式炊き込みご飯)、美味かった、、、上海行きたいです。

■上海味道

場所はJR水道橋駅から徒歩3分くらい。水道橋は最近、台湾朝ごはんの健康豆漿やら、香港・広東料理の粵港美食がオープンしていてにわかに注目度が増している。引っ越ししてから水道橋へのアクセスがしやすくなり、仕事帰りにもサクッと寄れるようになったので、このあたりも開拓していきたい。

画像1 画像2

店内。元々カレー店だったらしく、定食屋っぽい雰囲気。金夜なのに僕1人しかいなくて若干心配になる。

画像3 画像4

定食メニュー。蝦仁蔥油拌麺にしようかなと思いながら、この後ドーミーインに泊まって温泉入って、夜鳴きそばを食べる予定であることを思い出し、米にすることに。菜飯(塩肉腸詰め混ぜご飯)をチョイス!900円!

(ドーミーイン、マジ最高だよね)

メニューはこれ以外に、手書きのものが2〜3枚あった。そっちには大好きな蟹粉豆腐とか紅燒肉もあったので、次は何人かで来て色々たのんでみたいなぁと。中華は1人だと食べれる選択肢が限られてしまうのが辛い。

あとは中華料理店には珍しく、ドラフトのクラフトビールもメニューにあった。まぁなんだかんだ青島とかを頼んでしまうんですけどね。今回はサウナを控えていたのでアルコールは我慢…。

画像5

定食は嬉しいスープ付でまず酸辣湯が来た。左にあるのはサービスで出てきた素鶏といって、大豆ミートの煮込みらしい。あんまりミート感はなかったけど。大豆ミートのおつまみ。

画像6

菜飯登場!上海にいた時も実は数回しか食べたことない。炊飯器で炊いた、炊き込みご飯のイメージだったので土鍋で出てきたびっくり。広東料理の煲仔飯っぽいビジュアル・・・。

土鍋で炊いているのでお焦げがあって、煲仔飯を食べてる気しかしないが、これはこれで美味しい。そしてご飯めちゃ多い。

(百度で菜飯の作り方をさらっと見てみたけど、だいたい炊飯器で炊いているのしかなかった。土鍋版もあるのだろうか・・・。)

店内には僕一人しかいないので厨房の声が聞こえてくる。上海語。ウェイターの若いオニーチャンに話しかけてみたら、彼も廚師も上海人とのこと。最初、日本人かと思ったので話しかけられなかったけど、上海に留学してたと話すとすぐに打ち解けた。そしてもれなくWeChat交換。手書きメニューに加えて、これからどんどん料理の種類が増えるらしく期待できる。WeChatのモーメンツの写真が全部美味しそうだった・・・。とくに蟹粉撈麺(カニ味噌まぜそば)が超美味しそうだった・・・。

というわけで、また仕事帰りとかにふらっと寄りたいと思います。

■お店情報

場所はこちら。

食べログはこちら。



上海味道 (水道橋/中華料理)

★★★☆☆3.09 ■予算(夜):~¥999
tabelog.com

それでは再見〜

2020年12月訪問