湯島・喜羊門で烤羊腿を食らう

羊肉

こんにちは、東京で中華を食べる人です。

昔、食べたけどまだ記事にしてなかったシリーズです。今回は湯島にある喜羊門。羊の足丸焼きが最高of最高でした。コロナ落ち着いたらまた行きたいお店リストの1つです。

■喜羊門

場所は東京メトロ湯島駅から徒歩3分くらい。上野からも歩ける。ラム肉好き界隈では有名店らしく、某アンジャッシュの渡○も推していたとかなんとか。まぁ店名に『羊』が入っているしね。内装もローカル感はあんまりなくて、むしろハイエンドな雰囲気。(写真残ってなかった…。)

画像1

空芯菜の炒めものやら冷菜系を頼んでいたんだけど、写真が残っていないので、とりあえずスマホに残っていた毛血旺と青島ビールの写真。この赤と緑の色合い、美しい…。

画像2

干鍋。これまたビールが進む。

毛血旺も干鍋も白ごはんをかきこみたくなるが、メインディッシュを控えて、我慢する。

画像3

はい!!!!来ました!!主役の羊の足丸焼き!!烤羊腿が食べられるお店は日本にもいくつかあるけど、事前に切り分けて出てくることが多いので、こんなにデカイのが丸々出てくるとめちゃくちゃテンション上がる。羊好きだと、なおさらですよね。

画像4

青島ビールとツーショット。お似合いすぎるコンビ。イケメン&美女俳優カップルが『結婚しました』という発表と一緒に、見ていて惚れ惚れするツーショットをSNSに載せるのをたまに見るけど、それと同じくらいずっと眺めていたくなるくらい美しい組み合わせだ・・・。

画像5

ちなみに、食べるときはハサミで細かくカットして焼いて食べます。写真上部に見えているスパイスにつけて食べるんだけど、これがまたうまい。無限ビール消費マシンと化す。このボリュームからわかるように最低でも4人はほしいですね。他の料理も頼むことを考えると6人くらいがベストかも。(6人で食事なんて、行けるようになる日は戻ってくるのでしょうか・・・。)

画像6

あとはスペアリブの甘辛煮。マラソンを走るときの給水ポイント的役割を果たしてくれた。たまの味変大事。

というわけで、めちゃくちゃSNS映えしそうな烤羊腿を食らって大満足をしたのでした。いやぁ、また行きたいなぁ。うさぎの丸焼きもあったのでそっちも食べてみたい…。

■お店情報

場所はこちら。

食べログはこちら。



中国料理 喜羊門 (湯島/中華料理)

★★★☆☆3.67 ■羊・兎丸焼きの専門中国料理店(御徒町本店・上野店) ■予算(夜):¥4,000~¥4,999
tabelog.com

■阿生中華Map

それでは再見〜

2018年12月訪問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です