池袋・新疆味道で大皿鶏を食べる

新疆味道

はいみなさん、こんにちは。東京で中華食べる人です。
記念すべき中華料理店紹介第1弾ということでイチオシのお店を紹介します。

1. 「新疆味道」

池袋の西口にある「新疆味道」というお店です。中国語学習者には「シンジャンウェイダオ」で通じそうですが、食べログによると日本語読みは「しんきょうあじどう」。(圧倒的違和感…)
池袋西口から徒歩5分くらいです。池袋の中華といえば北口のイメージですが最近は西口にも増えてきていますね。マーラータン(麻辣燙)でおなじみ?の楊国福も西口です〜  「新疆味道」は2019年の9月頃にオープンしました。

画像1

異国感漂う外観。

画像2

新疆料理について勉強しましょう。イスラム系のハラール料理です。

画像3

メニューです。看板メニューである大皿鶏(大盘鸡:鶏肉と野菜の煮込み)はマストで頼みましょう!新疆料理には欠かせない羊料理も!

2.料理

画像4 画像5 画像6

上から大皿鶏羊肉串ポロ(手抓饭:ウイグル式ピラフ)です。大皿鶏は大皿に鶏という名前にも負けていないボリューム!!新疆以外の新疆料理のお店で大皿鶏を頼むとがっかりするような大きさで出てくることが少なくないのですが(小皿鶏じゃねーかと突っ込みたくなる。)、新疆味道のはとてもボリューミーでした。写真の上にかすかに写っている小皿とコップの大きさと比較するとどれだけ大きいか分かると思います。ちなみにこちらは中サイズを頼みました。大サイズを頼んでみたい…
味はというと、、スパイシーなタレと絡まった鶏肉が最高なのです〜〜 羊肉串も柔らかくてジューシー!ポロも羊のうまみが染み込んでいてたまらない!青島ビールが進みます。店内のエキゾチックな雰囲気やウイグル人の店員さんの接客も相まって、本当に新疆に来ているような感覚に。

画像7 画像8

こちらはラグメン(新疆拌面:ウイグル式まぜめん)。2回目か3回目に食べに行ったときに注文した写真です。麺は細めんかきしめんが選べ、ウイグル人の料理人が厨房で手打ちしてくれます。打ち立てもちもち麺がたまらない…1人前でもかなり量が多いので、複数人でシェアすると色んな料理が食べられていい感じに満腹になります。

3.デリバリーサービス

画像9

新型コロナウイルスの影響もあり、3月に食べに行ったときにはデリバリーサービスも行なっていました。3,000円以上で5km圏だと送料無料、15km圏だと10,000円以上で送料無料です。11~15時、17~22時半がデリバリー対応時間のようです。池袋近辺にお住みのかたはデリバリーしておうちで新疆料理パーティーなんていうのもよいですね!!気になる方は電話してみてください。

4.お店情報

お店の場所はこちら。

公式HPはこちら。事前に電話して営業確認と座席の確認をしたほうがいいかもしれません…

火焔山 新疆・味道 池袋東口店池袋東口の各国料理、火焔山 新疆・味道 池袋東口店のホームページです。お店の基本情報やおすすめ料理の「当店一番人気!新疆風kaenzan-xinjiang.owst.jp

はやく新型コロナウイルスがおさまって食べに行けるようになることを祈ります…それではまた…

東京で中華食べる人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です