こんにちは、東京で中華を食べる人です。7月前半に友人と西巣鴨にある香辣妹子という四川料理の店に行ってきました。池袋の中華フードコート、友誼商店にも出店している店の本店です。香ばしい辛さ、まさに香辣なガチ四川料理、最高でした〜!

香辣妹子

場所は都営三田線西巣鴨と巣鴨駅の間。JR埼京線板橋駅からも徒歩圏内。ただ、いずれも10分弱歩かなければ行けないのでアクセスはそこまでよくない。 細い小路を歩くと赤い看板が。

一見、普通の町中華感あるお店。 店内も結構渋くて、最近流行りのギラギラしているお店とは対角線上にあるようなアットホームな雰囲気。 テーブルにおいてあるのは四川風ソーセージ(香腸)!

まずはビールで乾杯〜!! そして先ほどの四川風ソーセージをつまむ。ピリッと辛くてジューシー。ビールが進む。

粉蒸肉!豚肉とじゃがいもに米粉をまぶして蒸した料理。豚肉はさることながら、芋も蒸しているのでホクホクしていて美味しい。池袋の中華料理屋でもなかなか食べれない一品だ。

四川臘肉(干し肉)。想像していた干し肉よりも脂身が多かった。唐辛子粉をつけて食べる。

口水雞(よだれ鶏)。レタスが敷いてある日本式っぽいやつ。オーナーによれば、巣鴨という土地柄やはり日本人のお客さんが多いらしい。こちらの本店よりも池袋のフードコート店のほうが人の入りがいいそうだ。もっと駅近なところに店があればなぁ〜と嘆いていた。

回鍋肉。にんにくの芽と臘肉を使ったガチ四川スタイル。これをおかずにご飯がいくらでも食べられそうだ。激辛でも無いけど、辛さが足りないでもないちょうどいい塩梅。

冒菜(一人火鍋)!具材がたっぷりはいった冒菜。お昼時ならこれ1つ頼むだけでも充分満足できそうなボリューム。

酸辣肥腸粉(モツ酸辣粉)。酸っぱ辛いスープの中に春雨とモツが入った料理。池袋のフードコートがテレビで取り上げられた際に紹介されて以来、人気商品なんだとか。たしかに酸辣湯は日本人も好きだし、酸辣粉も日本人ウケしそうだなぁ。

栄養蕎麦麺!燻製たけのこと豚肉が入ったまぜそば!成都でも蕎麦は食べるそうで、麻辣タレをよくかき混ぜて食べる。スモーキーなたけのこと辣油とそばは相性バツグン。個人的にはかなりヒット!初めてみたメニューだ。

3人で食べに来たのに、最後に主食を3つも頼んでしまったので、みんなで残りを持ってかえった。食べきれなくてもテイクアウトできるところが中華料理屋のいいところ。 Deleted 今回は単品で頼んだけど、実は食べ飲み放題で2,980円のコースもあって、なんと全メニューから選べる太っ腹。今度は食べ飲み放題にしてみよーっと!

巣鴨近郊のオススメ中華はこちら!

巣鴨・大吉縁で上海料理を食らう!

お店情報

場所はこちら〜

それでは再見~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。