錦糸町・ベジハウスで台湾素食を食らう!

veggiehouse

こんにちは、東京で中華食べる人です。錦糸町にある台湾素食(ベジタリアン)のお店に行ってきました。ベジタリアン食というとサラダとかしか食べていないんじゃないかと想像してしまいますが、台湾の素食は大豆等を使った肉に似せた料理が多くてとても美味しいのです!!(Wikiによると台湾の国民の10%がベジタリアンらしい。)このお店でも回鍋肉や鶏の唐揚げ(もどき)を食べましたが、とっても美味しかったです。

■ベジハウス

場所は錦糸町北口から徒歩7~8分。大学時代の台湾の友人と久しぶりに再会。7時に待ち合わせていたんだけど、運良く5時に仕事があがれたので、ベジハウスから徒歩30秒のところにある銭湯「黄金湯」で汗を流してからお店に向かった。

画像1

画像2

今年リニューアルして、クラフトビールも飲めるので錦糸町中華探索の際はぜひ。

画像3

外観。やはり素食をアピールするには健康推しになってしまうんですね。全部野菜なので野菜不足は確実に解消できる…

画像4

2階席。台湾のモスバーガーとかのファーストフード店を彷彿させる店内。水曜日の7時だったけど空いていた。(ちなみに8時までの営業なのでご注意を。)

画像5

ローカル感を感じる注文表。これとは別に冊子の写真付きの日本語メニューもあるので中国語がわからなくても大丈夫です。

画像6

まずは季節の青菜炒め。野菜は日によって変わるらしい。今回は「川七」という日本だと見たことない野菜だった。老闆娘は「この野菜は日本にはないから日本語はわかんないよ〜HAHA」と言っていたので、調べてみたらアカザカズラというらしい。初めて聞いた。。写真からも伝わってくるようにヌメッとしていて美味しい!

画像7

次は鶏の唐揚げ…ではなく鶏肉風の唐揚げ。見た目は完全に鶏肉だし、食感もほぼ鶏肉…!大豆から作られているとは思えない…味はあっさりめ。

画像8

中の質感も鶏肉…

画像9

続いて回鍋肉!これも大豆ミート。こっちは分厚目な油揚げっぽい感食感。タレが染み込んで美味しい。タレも植物性由来のものオンリーらしく、濃い目に見えるけどさっぱりしている。

画像10

酸辣湯麺!これは単純に肉なし酸辣湯麺。あんまり辛くない。

画像11

五目炒飯。これもあっさりめの味付け。優しい味わい。胃もたれとは無縁の中華。

というわけで久しぶりに台湾素食を食べられて満足!大学2年生の頃に台湾の花蓮でボランティアに参加したときに2週間素食で生活していたときのことを思い出した。当時10日くらい経って、若干素食に耐えきれなくなり、死ぬほど肉が食べたくなったときに食べた大豆ミートが美味しすぎて感涙したのが懐かしい…。

ちなみに友人は日本で台湾素食が食べられるの!!とめちゃくちゃテンションあがっていて、料理がくるやいなや台湾にいるおばあちゃんに写真を送っていた。

■お店情報

本来なら台湾の素食レストランと同じバイキングタイプのランチをやっていたりするらしいけどコロナの影響で中止中とのこと。復活したらまた行きたい…

場所はこちら。

食べログはこちら。

それでは再見!

2020年11月訪問