大阪心斎橋・蜀漢で火鍋を食らう!

蜀漢

こんにちは、大阪で火鍋を食べる人です。4月頭に友人に会いに久しぶりに大阪に行ってきました。今回は「大阪で現地系中華を食らう」をテーマに日本橋周辺で色々食べてきたので備忘がてらレポートしたいと思います。

蜀漢

まず最初に食べたのが心斎橋にある四川火鍋のお店 蜀漢。元々目をつけていた別の最近オープンした四川料理店に行こうとしたところ、チャラいBGMがガンガンにかかっていて、落ち着かなそうだったので急遽こちらに。

エレベーターで5階まであがる。壁に貼ってあった営業フロアのご案内を見るとコロナの影響かビルがスッカスカになっていて寂しさを感じる。

中国の観光地に来たかのような店内。これは映える。京劇の写真も。僕のアイコンの写真も飾ってくれないかな、、、!

メニュー。スープを選んで、野菜やら肉やらは具材コーナーからピックアップするタイプ。トレーの色によって値段が決まっている。

今回は3色鍋に。スープは麻辣、トマト、酸菜の3種類。ちなみに日本では珍しい九宮格鍋もあった。9つに区切られているけどスープは1種類の重慶火鍋。鍋が9つに分かれているので入れた具材が行方不明にならないけど、味が1種類しかないのが(しかも激辛)欠点。重慶に行った時に食べたけど辛すぎて無事に死亡した思い出。

野菜やらつみれやらをとる。羊肉、牛肉、豚肉は店員さんに直接注文する。

タレも要調合。ごま油、ニンニク、香草、蠔油やらを入れていく。

まずはハルビンビールで乾杯〜!大阪で飲むハルビンビールも美味い。てかハルビンビールの大瓶って日本で初めて見た気がする。

はい、鍋のご登場!どのスープも良かったけど酸菜スープが推しでした。

途中、辛さを癒してくれる王老吉。

そしてデザートの冰粉。こちらはお店のインスタをフォローすると無料になる。なんてお得なの!と思いきや元々のお値段も100円。やす!

野菜のトレーをあれもこれもと取った結果、量が多すぎて超満腹になり、終盤は完全にフードファイトをしていた。苦しかった。

ちなみにこのお店は名古屋で2店舗出店しているチェーン店。心斎橋店と合わせて3店舗を経営している。店長さんに「東京から来たんだよ〜」と伝えると「今年の年末に東京に出店予定だよ〜」とのこと。場所はまだ未定らしいけど、中国人が多いエリアらしい。池袋、上野、高田馬場あたりだろうか。いやー楽しみだ。

というわけで大阪で久しぶりに会った友人を四川火鍋を食らったのでした。

お店情報

場所はこちら。

食べログはこちら。

https://www.hotpepper.jp/strJ001232103/

それでは再見〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です