こんにちは、東京で中華を食べる人です。8月上旬、池袋を歩いているときに中華朝ごはんの看板を新しく見かけました。こんなところに中華あったかなぁと思ったら、池袋にわりと古くからある楽楽屋が移転していたようです。(以前、麻辣香鍋を食べたときのレポはこちら。)そして先日、朝活しに7:30に起きて、中華朝ごはんを食べてきました。貸切の店内で優雅に朝ごはんを食べて、サウナに入って、11時前には帰宅。素敵な週末を過ごしました…。

楽楽屋

場所は池袋北口の歓楽街のど真ん中。熊猫火鍋や羊の丸焼きが食べられる聚福楼の近くだ。朝8時の池袋、人の気配はほとんどなくて歩きやすい。

ぷらぷら歩いていたら、また新しい中国系のミュージックバーを見つけた。iPhoneのロック画面を模したドア、パスコードを押して入ってみたくなる。ミュージックバー(音乐酒吧)なのでC-Popを聞きながら、青島ビールや白酒が飲めるのだろうか。気になる。。。コロナが落ち着いたら行ってみよう。

楽楽屋に到着。20年くらい前から池袋にある東北系のお店で、羊肉串が一押しだ。池袋の東北・四川系のお店にはだいたい定番のメニューがおいてあるので、困ったときに便利だ。以前はもっと池袋の北口の近くにあったんだけど、再開発?の影響で最近移転したらしい。

移転したてとあって、店内はきれい。最近オープンする中華料理のお店はSNS映えを狙ったギラギラ系の装飾が多いけど、老舗の貫禄なのか店内は割と地味な印象だ。

メニュー。ワンタンやお粥、油條、小籠包などベーシックな朝ごはんのメニューがならぶ。ビールが朝だと298円、、朝ビができるのか・・・。今日はこのあとサウナに行くのでビールはやめて、食べたいやつをいくつか注文。

まずは牛肉餡餅!おやきに牛肉餡を挟んだ点心系の軽食。朝からガッツリ油っこい食べ物を攻めていくスタイルだ。

次は小籠包!早くスプーンですくい上げないと蒸籠にくっついてしまうので速攻で食べる。一口で頬張ったら肉汁が口の中で氾濫し、やけどしかけた。フハフハしながら食べた。

餛飩(ワンタン)!牛肉餡餅、小籠包ときて、さらに炭水化物で朝から追い込んでいく。でもスープがあるとするりと喉を通っていく。紫菜と小エビの出汁が効いたスープも美味しい。

最後は茶葉蛋〜。香辛料が染み込んだ煮卵。1個100円は高いので茶葉蛋の素を買って、家で作りたいな〜と思っているけど、めんどくさくてなかなか手がつかず、結局お店で食べてしまうのだ。たまに食べたくなりますね。

朝からがっつり中華をたべて、池袋のサウナでととのってきました。このコースは近々またやりたいですな。

お店情報

場所はこちら。


食べログはこちら。

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13260378/

それでは再見~