こんにちは、東京で中華食べる人です。表参道にオシャレな中国系スイーツが食べられるカフェがあると聞き行ってきました。上海の新天地にあるようなインスタ映えカフェで肉鬆小貝(ポークフロスケーキ)を食べてきました。

NANA TEA

場所は表参道駅から徒歩3分ほど。ポルトフィーノというオシャレなショッピングモールの中にある。いつも池袋やら上野の中華と比べると雰囲気が180度違うので、少し背筋をピンとして店内に入る。

さすが表参道カフェ。店内にはほぼ女性のお客さんしかいない。ただ耳をすましてみると聞こえてくるのは中国語。日本にいるオシャレ中国人女性たちが友人とおしゃべりに来ているようだ。

ちょうど空いたタイミングでぱしゃり

メニュー。

セットメニューがお得だ

ドリンクは中国だと定番のチーズフォームティーやフルーツティーに加えストレートティーもあった。フード系はポークフロスロールケーキ(肉鬆卷)、もちつつみポークフロスケーキ(蔥油小燒餅)、ネギつつみパイ風焼き(肉鬆小貝)が看板メニューになっている。肉鬆は豚肉のでんぶで、おにぎりに入っていたり、パンにのっていたりする、中華圏では定番の食べ物。甘しょっぱいので、肉肉しい味をイメージして食べると味のギャップにやられる日本人が結構多いイメージ。

日本初上陸らしい

このお店には日本初上陸と書いてあるポスターがあったが、最近、西川口や池袋の中華系のスイーツを売るお店でもちょこちょこ見かけるようになってきた。密かにブームの兆しがきているのかもしれない…!?

というわけでせっかくなのでセットメニューを注文。フード2品とドリンクと野菜スティックで1,200円。単品で頼むよりは安い。久しく飲んでいなかった四季春のチーズティーとポークフロスロールケーキとねぎつつみパイ風焼きにした。(名前が長い…。)

店員さんも中国人で、全部お店で手作りしているらしい。若い女性の店員さんは日本で製菓学校に通っていると話してくれた。店員さんは2人しかいなくて、1人はレジ、1人はホールで対応しきりになっていて食べ終わったお皿の片付けが全然間に合っていなかった…。繁盛している。ちなみに元々はフレンチのお店だったらしいが、今年の4月頃から中華スイーツを提供し始めたらしい。だからメニューにスパークリングワインとかあったのか。

ででーん!きました。これは確かにフレンチレストランでランチを食べているかのようなオシャレさだ。フォークとナイフを使ってポークフロスロールケーキを食べる。ふわふわの生地に肉鬆がかかっていて甘じょっぱさが効いてくる。スイーツというよりは軽食と言ったほうがいい気が。ねぎつつみパイ風焼きは中にねぎと豚肉の餡が入っていて美味い。チーズティーも甘さ控えめで飲みやすかった。

客層はやはり中国人の若い女性がメインで、テイクアウトしていくお客さんも多かった。楽天でも売っているらしい。

NANATEA WeChatのモーメンツ

WeChatからだとお店には置いてないエッグタルトやオーダーケーキも注文できるとのこと。アフタヌーンティーもやっていてこちらは事前に予約が必須だそう。

というわけでたまにはオシャレな中華スイーツが食べたいもしくは懐かしの肉鬆小貝、肉鬆卷が食べたい方はぜひお試しあれ!

お店情報

場所はこちら。

公式HPはこちら。

https://nanateaand.jp/

それでは再見~

2021年5月訪問